球面収差とワーキングディスタンスとレッドリスト

さすがCanonさん、多言語で用意されてた。

演出盛り盛りで何が現実やら。

カエル、ヘビ等出てきますので苦手な人は撤退で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク